すみだ修学旅行ガイド

日本のランドマーク、東京スカイツリーと
歴史と伝統の本物が生きる街、墨田区への
お越しをお待ちしています。

すみだ修学旅行ガイド

東京の下町、隅田川の東岸に位置する墨田区は、江戸時代からの伝統と文化が息づく街です。 その墨田区に新たなランドマーク、634mの高さを誇る東京スカイツリーR が平成25年5月22日に開業しました。

これまで、「墨田区」は、修学旅行の目的地としてはほとんど候捕に挙がらない存在でした。ところが、実は墨田区には、修学旅行の目的地として適した場所がたくさんあります。
まずは、江戸時代から受け継がれてきた匠の技を今に伝える伝統工芸や、墨田区ならではの工業製品を、生徒様自らの手で作るという「ものづくり体験」です。世界にふたつとないオリジナル作品を伝統工芸の職人さんからの直接指導によって得る体験は、キャリア教育の面からも大きな効果が期待できます。
また、多くの学校で修学旅行のプログラムとして取り入れている平和学習に関しましては、戦跡めぐりガイドツアーをご用意しております。

体験メニュー一覧

体験メニュー一覧

江戸時代から続く伝統工芸の技術と伝統を引き継いでいる職人さんに、直接指導してもらいながら、ものづくり体験をしていただきます。

SEE MORE

「すみだ」体験プログラム3 つの特長

3 つの特長

墨田区観光協会「すみだ」体験プログラムの3 つの特長をご紹介します。

SEE MORE

申し込みから清算の流れ

お申し込みから清算の流れ

体験のお申し込みから実施、ご精算については下記からご確認いただけます。

SEE MORE

学べる施設リンク集

学べる施設リンク集

江戸時代から続く伝統工芸の技術と伝統を引き継いでいる職人さんに、直接指導してもらいながら、ものづくり体験をしていただきます。

SEE MORE

ものづくりから、
未来づくりまで、
一度に体験できるまち。

江戸文化発祥の地として発展してきた「すみだ」は、
匠の技で磨き上げてきた“ものづくり”はもちろん、
持続可能な社会に向けた“未来づくり”を牽引するまちとして、
古き良き伝統を継承しながら、次の豊かな未来を創造しています。
「すみだ」の新たなストーリーを、みんなで体験してみませんか?

HISTORY

伝統の継承

本物が生きる
ものづくりのまち

江戸時代から現代に至るまでの何百年もの間、ものづくりの職人技術や伝統を継承してきた「すみだ」では、今日も熟練の匠の手から数多くのものたちが生み出されています。本物が生きる「すみだ」の歴史・文化・人・風景に触れて、教科書や机の上だけでは得られないワクワクを、ぜひ体感してください。

FUTURE

SDGs東京都内で唯一のダブル選定を達成!SDGs未来都市 自治体SDGsモデル事業
SDGsを牽引

サステナブルな
未来づくりのまち

墨田区は、SDGs の達成に向けた先進的な取組みを実施する自治体として、内閣府より「SDGs 未来都市」に選定されました。さらに、その中でも特に先導的な取組みを実施していることが認められ、「自治体SDGs モデル事業」にも選定。ものづくりによる“暮らし”のアップデートを推進しています。

その他にも、下町情緒豊かな商店街での販売体験、豊富な展示物がある江戸東京博物館の見学、「すみだトリフォニーホール」では一流のホールで一流の演奏を聴くこともできます。このように、墨田区はまさに“学びの素材が豊富な街”といえます。

このように修学旅行の素材を「掘り起こし」、「磨き上げ」、「つなぎ合わせ」ていくことが、墨田区観光協会の使命です。必ずや生徒様にとって素晴らしい、そして想い出に残る修学旅行をご提供できると確信しております。東京スカイツリーの建つ一方で本物が生きる街、墨田区へのお越しを、心よりお待ち申し上げます。

関連リンクRelated Link

後援・共催Sponserd Link