イベント情報

たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代

 

たばこと塩の博物館(通称:たば塩)では、1890年代から現代に至る、国内外のたばこ広告をはじめとしたポスターを多数所蔵しています。
明治期、まだ民営だったたばこ業界では、各会社が看板、新聞、ビラ、宣伝隊など、様々な形で宣伝を行いました。その中でも、色鮮やかな石版印刷のポスターは当時の先端を行くメディアであり、販売促進を図るべくより美しいポスターを追求したことから、印刷技術も発展していきました。当館のポスターコレクションには、この時代の石版印刷ポスターはもちろん、その原画も含まれています。原画が現在にまで残っていることは非常に珍しく、印刷工程を示す写真と合わせることで日本の商業印刷黎明期の足跡をうかがうことができます。
本展では、当館のコレクションの中から、ポスターが広告メディアの花形だった1890年代から1960年代に製作された作品を展示します。明治期の美しい石版印刷ポスター、大正から昭和にかけて活躍した図案家によるポスター、名コピーが登場した昭和30年代のポスターなどを展示、日本のグラフィックデザインの変遷を紹介します。合わせて、サビニャックほか有名デザイナーの作品を含む海外のたばこポスターもご覧いただきます。

開催期間
2019/12/14(土)~2020/02/16(日)

時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)

休館日
月曜日(ただし、1/13は開館)、12/29~1/3、1/14

入場料
一般・大学生 100円/小・中・高校生 50円/満65才以上の方(要証明書)50円
※障がい者の方は 障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。

会場
たばこと塩の博物館
2階特別展示室
東京都墨田区横川1-16-3

お問い合わせ
03-3622-8801

墨田区観光協会の取り組み

詳細を見る

その他の取り組み

Loading...