イベント情報

両国国技館35年と平成の大相撲

両国国技館35年と平成の大相撲

現在の両国国技館は、令和2年(2020)で開館35年を迎えます。昭和60年(1985)1月場所に開館して以来、数々の熱戦が繰り広げられ、「両国」は大相撲の中心地としてイメージが定着しました。
皆さんご存じのように平成から令和へと元号が変わり、新たな時代がスタートしました。平成時代を振り返ると、千代の富士や若乃花・貴乃花の兄弟横綱による相撲ブーム、曙・武蔵丸を筆頭に、朝青龍・白鵬ら外国出身力士が台頭するなど、活躍する力士はめまぐるしく変化していきました。
今回は国技館開館35周年を記念して、平成に誕生した横綱・大関を中心としてご紹介します。平成の相撲界を振り返る機会となれば幸いです。

会場
相撲博物館
〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28国技館1階
電話:03-3622-0366

会期
2020年1月11日(土)~2020年2月14日(金)

料金
無料(但、1月12日~26日は大相撲一月場所、2月1日は豪風引退押尾川襲名披露大相撲、9日は第44回日本大相撲トーナメント、11日は第53回NHK福祉大相撲の観覧券がそれぞれ必要)

墨田区観光協会の取り組み

詳細を見る

その他の取り組み

Loading...