おすすめスポット[観]

小林一茶・立川焉馬の旧居跡碑こばやしいっさ・たてかわえんばのきゅうせきあとひ

この辺りに住んでいた大工の棟梁、和泉屋和助は廃れていた落語を復活させた功労者で自らを立川焉馬、または烏亭焉馬と名乗りました。また、このあたりは、俳人の小林一茶が暮らしたところでもあります。一茶は文化元年(1804)、大島(江東区)から転居しました。

詳細情報

〒130-0021 東京都墨田区緑1-3-4

JR総武線両国駅より徒歩5分

墨田区観光協会の取り組み

詳細を見る

その他の取り組み

Loading...