おすすめスポット[観]

多聞寺たもんじ

天徳年間には今の隅田川神社付近にあって、大鏡山明王院隅田寺と称え、本尊は不動明王でした。狸(たぬき)にまつわる伝承もあることから、多聞寺を一名「たぬき寺」とも呼びました。
 多聞寺は区内の最北端にあり、関東大震災、戦災ともに遭わなかったので、昔日の面影を残す数少ない寺院となっています。寺前の道は古代から続く街道の名残です。特に山門は木造茅葺(かやぶき)切妻造四脚門の様式をとるもので、多聞寺に残る唯一の江戸期木造建築であり、区内最古の建造物と考えられます。享保3年(1718)に焼失し、現在のものはその後に再建されたものです。
また、多聞寺は毘沙門天を祀ることから、文化年間(1804〜1818)に隅田川七福神のひとつに組み込まれました。以来、現在に至るまで正月は七福神巡りで賑わいます。
他にも狸塚や映画人の碑があります。

七福神巡り(正月)花まつり人形劇(4月第2土曜日)春秋中日の彼岸会・大施餓鬼会(5月)成道会コンサート(12月第1日曜日)

詳細情報

〒131-0031 東京都墨田区墨田5-31-13

東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅より徒歩7分

墨田区観光協会の取り組み

詳細を見る

その他の取り組み

Loading...