おすすめスポット[観]

能勢妙見堂のせみょうけんどう

安永3年(1774)能勢頼次は故郷の能勢(大阪府)から妙見大菩薩の分体を移し、当時ここにあった下屋敷に安置しました。妙見大菩薩は日蓮宗の守護神で、江戸っ子には開運厄除けの神として信仰を集めました。震災と戦災で焼失しましたが、昭和28年から15年を費やして再建されました。勝海舟が子供のころ犬に噛まれて重傷となった居りに、父小吉はこの妙見堂で水垢離をして息子のケガが平癒することや出世を祈ったころから、勝海舟晩年の胸像があります。

詳細情報

〒130-0004 東京都墨田区本所4-6-14

都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩10分

墨田区観光協会の取り組み

詳細を見る

その他の取り組み

Loading...