おすすめスポット[観]

正福寺しょうふくじ

正福寺(しょうふくじ)は慶長七年(1602年)に開基されました。安政大地震(安政二年十一月)により壊滅しましたが、名主坂田三七郎の邸宅寄進により再建され、現在に至ります。
都内最古の板碑があります。板碑は阿弥陀一尊を梵字で刻み、「宝治二年戌申三月三日」(1248年)の銘があるもので、江戸時代に付近の畑から発掘され、後に正福寺に移されたといわれています。
また首から上の病に効験があると言われている「首塚地蔵」が有名です。天保四年(1833年)隅田川橋場附近の浚渫工事の際に、川床よりたくさんの頭骨が発掘されました。関係者は正福寺と共に、合葬し碑をたてて、「首塚」といったと伝えられています。

首塚地蔵尊朝粥の会 毎月4日 朝7時より写経会 毎月第2土曜日

詳細情報

〒131-0031 東京都墨田区墨田2-6-20

東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅より徒歩3分

墨田区観光協会の取り組み

詳細を見る

その他の取り組み

Loading...