top1508
  • おすすめ情報
  • 5分でわかる墨田の魅力
  • 修学旅行をお考えの皆様へ
Guess Where?

トップページ

おすすめ情報

すみだ夏休みイベント情報南会津を巡る 大内宿とそばウォークツアーザ・グリーンマーケット 墨田墨田・台東連携イベント 「江戸を守った男たち」シンポジウム《基調講演&トークショー》両国 江戸ねこ茶屋THE GREEN MARKET SUMIDA 出店申込みSUMIDA Summer Festivals 2018すみだレンタル自転車やさんAZUMABASHI FEST 2018第37回 すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り相撲コースガイドツアー 9月場所亀戸天神社 例大祭

イベント

プラネタリウム 天空 リニューアルオープン

プラネタリウム 天空 リニューアルオープン 11月22日〜9月17日
【場所】〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2 東京スカイツリータウン・イーストヤード7F

2017年11月22日(水)よりリニューアルオープン、プラネタリウム“天空”は「Magic Blue」をコンセプトに、最新の3D音響、投映システム、そしてプレミアムな三日月シートを新規導入し、新たなエンターテインメント施設としてリニューアルオープン致します。
☆リニューアル記念作品、フランス星めぐりの空 『SOUND DOME™』 ☆きみを乗せたこの列車の向かう先には 美しい星空が待っている『ヒーリングプラネタリウム作品』 14日先までチケット購入が可能「天空オンライン」もご利用ください。

双葉山

双葉山 8月20日〜10月19日
【場所】〒130-0015
東京都墨田区横網1-3-28(国技館1階)

昭和43年(1968)12月18日に35代横綱・双葉山定次(ふたばやまさだじ)が亡くなり、今年で50年を迎えます。大分県宇佐郡天津村布津部(ふつべ、現・宇佐市)に生まれた双葉山は、立浪部屋に入門し、昭和2年3月に16歳で初土俵。以来、昭和20年11月までの18年間に多くの記録を打ち立てました。なかでも、69連勝・5場所連続全勝優勝の記録は、現在でも破られていません。
 引退後は年寄・時津風を襲名。多くの関取を育てあげ、一代で大きな勢力を築きました。また、昭和32年5月から約11年にわたり理事長を務め、部屋別総当たり制の導入など数々の改革を行いました。
 今回は没後50年を記念し、化粧廻し、太刀や手紙などの関連資料から足跡をたどります。力士として人気を博し、年寄としても大きな功績を残した横綱・双葉山について回顧する機会となれば幸いです。

土曜・日曜・祝日(一部開館日あり)、年末年始
展示替など臨時で休館する場合があります。
(東京本場所中は毎日開館)
詳しくは休館日カレンダーをご参照ください。
http://www.sumo.or.jp/KokugikanSumoMuseum/schedule/

特別展示 玉川上水 

特別展示 玉川上水  8月28日〜9月24日
【場所】江戸東京博物館
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1

2018年9月、「国際水協会(IWA)世界会議・展示会」が、日本で初めて東京で開催されます。研究者や企業が世界100カ国 から集まり、水環境に関する最新の知見と技術を共有する国際会議です。これを機会に、江戸東京博物館では、特集展示「玉川上水」を開催します。
 今日の東京の上下水道の歴史は、江戸時代初期にさかのぼります。江戸の街づくりにとって、水の確保は重要な課題のひとつでした。赤坂溜池の湧き水を利用したり、神田川の水を引き入れ神田上水を整備しますが、江戸の人口増加に伴い、十分な水が確保できなくなります。
 そこで注目されたのが、水量豊富な多摩川です。玉川上水は、多摩川の中流域にあたる羽村を取水口とし、全長43kmの道のりを経由し、四谷大木戸からは、網の目に張り巡らされた地下水路を通って、江戸市中の人々に水を供給しました。着工から竣工まで1年足らずという異例の早さで、1654年(承応3)に完成したと伝えられます。傾斜がほとんどない平坦な地形のなか、長距離にわたって、安定した供給を実現した背景には、当時の高度な開削技術がありました。
 浮世絵や文書、模型、実際に使われていた井戸や水道管などから、人々に潤いをもたらした玉川上水に迫ります。

MOLA

MOLA 9月8日〜10月21日
【場所】たばこと塩の博物館
〒130-0003 東京都墨田区横川 1-16-3

エリザベス・ハンスコレクション MOLA パナマの先住民クナ族の衣装と意匠
南北アメリカ大陸をつなぐ地峡部に位置するパナマ共和国では、クナという先住民が独自の生活様式を守りながら暮らしています。MOLA(モラ)とは、パナマの先住民クナ族の女性が作る民族衣装です。本展では、コレクターの一人として知られるエリザベス・ハンス氏が収集した良質なモラを展示するとともに、モラに描かれたカリブ海沿岸の自然やクナ族の生活についても紹介します。
一般・大学生 100円(50円)
小・中・高校生 50円(20円)
満65才以上の方 50円(20円)※ 年齢が分かるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者の方は 障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。

街のトピックス

開催順新着順

       

両国GD ABエリア 2月1日
【場所】両国駅前会館
【お問い合わせ】墨田区

エリア懇談会を開催します

開館20周年記念特別展「隅田川花火の390年」 5月28日〜8月26日HP
【場所】すみだ郷土文化資料館
【お問い合わせ】すみだ郷土文化資料館(向島二丁目3番5号) 電話:03-5619-7034

◆休館日:月曜日(ただし、5月28日、7月16日は開館、7月17日が休館)・第4火曜日
◆時間:午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
◆入館料:個人200円、団体(20人以上)160円、中学生以下無料
*特別展観覧の記念に『特性クリアホルダー』をお一人様1点差し上げます。(なくなり次第終了)

開館20周年記念特別展「隅田川花火の390年」

「菊川三丁目フォトコンテスト(菊三フォトフェス)」開催 8月24日〜8月31日HP
【場所】菊川三丁目
【お問い合わせ】菊川三丁目町会
菊三フォトフェス実行委員会 

亀戸天神大祭を中心とした菊川三丁目町会の「お祭り」の楽しさが伝わる写真・自慢したくなるような写真のコンテストを行います。写真は、SNS (Instagram)やフォトプリントで募集してください。一人何点でも応募可! 多数のご応募をお待ちしております。
①応募資格
年齢・性別を問わず、菊川三丁目に住んでいる方・勤めている方、訪れた方。
ご自分のSNSまたはフォトプリントを下記の応募方法にて一般公開の投稿が
可能な方。
②テーマ・撮影対象
③審査員
菊三フォトフェス実行委員会
④応募期間
2018年8月23日~2018年8月31日投稿分まで
⑤応募方法
 ①SNS応募 ご自身のSNS (Instagram) アカウントから菊三フォトフェスの公式アカウントをフォローしてください。  【公式アカウント Instagram kiku3chokai】
ハッシュタグ「#菊三フォトフェス」をつけて投稿してください。+コメントで「撮影タイトル」を!
 ②フォトプリント応募
サービスサイズ以上のフォトプリントに応募票(必要事項記載)を貼り付けて菊三町会会館ポストへ投稿して下さい。
 
⑥賞品
グランプリ一点賞状 ・ 賞品 写真(ケース付き) + 一万円のクオカード
菊三町会賞一点賞状 ・ 賞品 写真(ケース付き)
菊三睦賞一点賞状 ・ 賞品 写真(ケース付き)
菊三子ども会賞一点賞状 ・ 賞品 写真(ケース付き)
菊三倶楽部賞一点賞状 ・ 賞品 写真(ケース付き)
佳作数点賞状 ・ 写真(ケース付き)
   ※入選作品は、菊三町会会館等に展示いたします。
⑦入賞発表
2018年9月7日予定 (菊川三丁目 HP・菊三町会会館に掲載)

※入選作は、実行委員会からメール等でご連絡いたしますので、オリジナルデータの提出(フォトプリントの方は不要)、併せてデータ(商品配布先住所、お名前)のご提示をお願いいたします。
詳しい事は、HPを参照願います。
主催:菊三フォトフェス実行委員会

「菊川三丁目フォトコンテスト(菊三フォトフェス)」開催

※ 街のトピックスに関するお問い合わせは、各開催団体様へ直接お問い合わせください。