幸田露伴の文学碑 史跡

幸田露伴の文学碑
エリア
向島

「五重塔」その他で知られる文豪幸田露伴の区内3番目の家があった所です。東向島1-9-1にある雨宮酒店横の別棟を「蝸牛庵(かぎゅうあん)」と名づけて間借りしていた露伴は、明治41年(1908)自分で家を設計し、ここでも「蝸牛庵」と名づけて暮らし始めました。しかし、関東大震災で井戸に油が浮くようになったため、大好きな隅田川を離れ、大正13年小石川へと転出しました。碑には名作「運命」の一節が刻まれています。

詳細情報

所在地〒131-0032 東京都墨田区東向島1-7-11
アクセス東武伊勢崎線曳舟駅より徒歩8分

掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は公式ホームページ等にてご確認ください。

おすすめスポット

関連イベント

関連イベント情報はまだありません。

アクセスマップ

SNS 墨田区観光協会 公式SNSOfficial SNS

関連リンクRelated Link

後援・共催Sponserd Link